« いよいよ明日!!WALS 2017 | トップページ | 授業をご覧くださった方からのご質問 »

2017年12月 4日 (月)

新センター試験 試行調査(プレテスト)の結果速報から

大学入学共通テストの導入に向けた試行調査(プレテスト)の結果速報がでました。
http://www.dnc.ac.jp/news/20171204-01.html
本校でも国語・生物を実施しました。

明日は、各所からいろいろなコメントが出ると思います。今日やっと解禁になったので、私が数日前に国語の問題を実際に全て解いてみて感じたことを述べておきます。

1 複数の素材
どの大問も夏に各所でお伝えしたとおり、
複数の素材から情報を統合して考えるもの。

授業変革への提案としては、大変良いなぁ、と思います。
ただ、全ての大問でこの形式をとるべきかどうかは、ちょっと議論になるでしょう。

2 記述問題の意義
  第一問の問3は、センターは「書く力」を測るもの、
  としているが、本当に書く力を測るものなのか。
  NHKでも言われていたが、
  この問題は、自分の考えを書くわけではなく、
  複数の資料に上げられている情報を整理し
  まとめるレベル。
  私としては、疑問を感じました。
   
 
3 第二問~第五問における選択肢の字数減少
  
  100分のテストとなることや、複数の素材を短い時間で検討する必要からか、選択肢の字数が大幅に減少しました。設問内容とも大きく関連するものの、今後選択肢がシンプルになるのならば、それは良い方向性かと思いますが、いかがでしょう。

4 正答率
 極端に低い正答率の設問がありました。
 特に漢文の正答率で低いものが目立ちました。知識に関するものだったので、2年生ならばしょうがないかな。本校の受験生も含めいろんな生徒がいたのでしょうし。
 漢文の問5は「全てを選べ」だったので、余計にひくくなったのでしょうね。

★まとめ★
授業改革へのメッセージが強く込められている問題だと受け止めました。ただし、「新テスト対策のために」授業を考えたり、「新テスト対応問題集」みたいなのを慌てて買うことだけは避けたいな、と思います。
良い教材をしっかり選定し、テキストとの対話をまずはきっちりと。そして、他者との読みの違いを確認しながら、自分自身のものの見方・考え方と向き合うことを促していくことが「結果的に」新テストに対応できる力の育成につながると考えますが、いかがでしょう・・・。

|

« いよいよ明日!!WALS 2017 | トップページ | 授業をご覧くださった方からのご質問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新センター試験 試行調査(プレテスト)の結果速報から:

« いよいよ明日!!WALS 2017 | トップページ | 授業をご覧くださった方からのご質問 »